貧者の投資

FXは、俗に貧者の投資と言われています。
それは、株に比べて圧倒的に少ない資金で取引できるからです。
特に、海外FXはレバレッジが高いため、数万円あれば十分に資金を増やしていけます。
レバレッジとは、証券会社に預けたお金の数十倍から数百倍の金額で取引できることをいい、国内FXなら25倍、海外FXは最大1000倍程度です。
FXは、為替の変動による差益を狙って取引するものですから、わずかな値動きでもレバレッジが高ければ相当に大きな損益になります。
例えば、2万円の資金があれば、2円の逆行に耐えられる程度にレバレッジを設定すれば、0.1ロットで取引できます。
0.1ロットで取引した場合、クロス円で10PIPS動いたとすると、1000円の利益となります。
同様に、もし思った方向と逆に動いた場合だと1000円の損失となります。
大体、主要通貨ペアであれば、一日のうちに数十PIPSから数百PIPSほど変動がありますから、一日にうまくすれば数千円の利益になるでしょう。
また、投資のスタイルとして、スキャルピング、デイトレ、スイングがあり、それぞれ一長一短があります。
スキャルピングは、短時間足で数PIPSから10PIPS程度の利益を積み重ねていく方法です。
これは、小さな利益を狙ってトレードし利益を積み重ねる手法のため、逆行した場合の損切をしっかりしないとトータルで損失の方が大きくななります。
だから、淡々と損切ができるメンタルの持ち主でないと、安定して利益を生み出すのは難しいとされています。
デイトレードは、1時間足などを見て一に1回か、数日に1回程度のトレードをするスタイルで、こちらは大きなトレンドに乗ってトレードするため、少しくらいの逆行でいちいち損切りはせず、ゆったり構えてトレードできるし、狙うPIPSも大きいのでスキャルピングより初心者に向いているようです。
スイングになると、デイトレードよりも、もっと長い時間ポジションをホールドするため、狙うPIPSも大きくなります。
ただし、長期間ポジションを保有するということは、土日などを持ち越すということで、資産を長時間リスクにさらすことになり、精神衛生上好ましくない面があります。
為替相場の値動きは、普段は、数十PIPS程度しかなく安定していますが、数年に1度程度は短時間に数円から10円程度急激に動く場合がありますから注意が必要です。
例えば、リーマンショック、被害日本大震災、スイスショック、コロナショックなどです。
このような場合、大きな損失を出しますので注意が必要です。