「未分類」カテゴリーアーカイブ

これからはマイニングでビジネスが人気の時代!

今の時代、これからの時代はインターネットを活用する事が重要です。ニューヨークダウを始めとする株取引、原油を始めとする商品取引、FXなど。そんな中でも将来性がもっとも高い分野は、仮想通貨であると言えます。 新しい分野に入る時は、その専門用語に慣れない事や全体像がつかめない事により戸惑うことが多いのではないでしょうか。しかし、毎日1歩ずつでも前進すれば、状況は好転していくものです。 仮想通貨には「マイニング(採掘)」という専門用語があります。 仮想通貨よりも、仮想通貨の一つでもあるビットコインのほうが馴染みが深いのではないでしょうか? そのビットコインとマイニングについて解説します。マイニングとは、採掘というイメージどおりに明らかにする感じです。その明らかにする承認作業で、報酬としてビットコインを受け取る事ができます。 ビットコインにもある程度の流通量があります。紙幣の流通と同じようなものです。流通量が少ないと悪影響が出ます。その流通量を増やすには、マイニングによって承認し、発行して市場に出します。マイニングはとても大切な業務なのです。紙幣の発行なら日本銀行という立派な発行元がありますが、マイニングは発行元を持たないので、なおさら業務の取り組み方並びに、マイナーと呼ばれるマイニングを行う人の存在が重要になってきます。 近年、日本の大手企業もマイニング業に乗り出しています。有名なSBI、GMO、DMMがその代表例です。 ビットコインは世界で取引が行われており、さらにその仕組みの素晴らしさから、未来への発展にとまる様子は見られません。送金や取引に必要不可欠となります。 マイナーは未確認の取引があれば、承認作業を行っていきます。AさんからBさんへ送金するという取引を行った場合、取引記録をハッシュ化します。すると英数字の値を手に入れる事が出来ます。 ハッシュ化すると、後から何者かによって、取引記録を修正するという不正行為を防ぐ事が可能となります。 現在では、ビットコインの発掘業務は難しい業務となっています。そのため、専用のハイスペックマシンを利用して業務をこなしていく事が普通になっています。ハイスペックマシンに任せておけば、利益をどんどん上げていってくれるというイメージです。 ハイスペックマシンのデメリットは、何と言ってもその購入費用の高さです。さらに運用費の電気代も高くてバカになりません。個人で購入するのは難しい方が多いでしょう。 それらの解決策として、クラウドマイニングかプールマイニングがいいでしょう。